金買取相場

  1. TOP
  2. 金を売る前に

金買取相場と金純度の見分け方

金買取相場と金純度の見分け方

「もう使わないネックレスが金だったし、売ってみようかな……」
ちょっと待ってください! 金を売るその前に調べておきたい2つの情報をご紹介します。

価格の相場を調べよう

まずは金価格の相場を調べてみましょう。金価格は世界中の売買取引の影響を受けて毎日変動します。そのため、売却のタイミングが非常に重要なのです。できることなら国内価格のチャートをご覧になって相場推移を予測していただけたらいいのですが、それが難しい方は質屋のウェブサイトにある価格をチェックしましょう。少しでも高く売った方がお得ですから、できるだけ多くの買取店・質屋の買取価格を見て比較してください。

金の純度を調べよう

ジュエリーで使われている金を地金といい、多くは他の金属が混ざっています。ジュエリーとして加工しやすくするために、パラジウムやニッケルなどの他の金属を混ぜて硬さや色味を調節するからです。純度100%の金はほとんどない使用されていないでしょう。

 

純度は24分率で表され、純度が下がるごとに数字が下がっていきます。よく聞く「18金」とは、この純度を表した言葉です。ちなみに「K18」と表示されますが、この「K」は「Karat(カラット)」を指します。

K24
純度99.99%
いわゆる「純金」です。柔らかく、熱を加えると変形します。日本では99.99%(フォーナイン)が基準ですが、海外では99.9%(スリーナイン)以上の純度であればK24としての表示が認められます。※ホールマーク1000
K22
純度91.7%
外国の金貨によくあるK22は、日本では「中途半端な純度」としてあまり出回っていません。※ホールマーク917・916
K18
純度75%
もっとも一般的な純度です。「できるだけ純度を落とさずに、ジュエリーに加工するために必要な硬度をキープ」した結果に生まれました。※ホールマーク750
K14
純度58.3%
日本などアジアでは金の純度が重視され、K14となるとあまり価値がないと見なされます。しかしジュエリーのデザインを重視するヨーロッパでは硬く加工しやすいK14がよく使われています。※ホールマーク585
K9
純度37.5%
K9は品物に「金」と表示できる最低基準です。37.5%を下回る純度のものは市場に出回っていません。※ホールマーク375
※ホールマークとは

独立行政法人造幣局にて貴金属製品の品位試験を合格したものだけに打刻される証明記号です。造幣局で打刻されるので、マークを偽造打刻すると罰せられます。

 

お電話でのお問い合わせ受け付けております

お客様が抱く疑問や不安を解決できるよう、丁寧にお答えいたします。

06-6719-2513

当店について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

マルミ質舗オフィシャルサイト

このページのトップへ